完全1対1個別指導塾Top edu[トップエデュ]練馬の高等部です。

練馬校へのお問い合わせ

アクセス

高等部

受験生人口が減ったとはいえ、高い就職率を誇る難関私立大学は、受験生の人気も高く、入試問題のレベルも高水準を保っています。早稲田大学、慶應義塾大学をはじめとする難関私立入試の特徴として、英語における問題文の長文化傾向を挙げることができます。難関私立志望者には、高度かつ大量の英文を極めて短時間に理解する能力が要求されます。このような能力は、漠然と量をこなすだけで身につくものではありません。精選された文章を用いて長文のキーポイントを明確に捉える訓練を行い、そのうえで確実な速読速解力を身につけさせます。また、受験生は日頃から社会・自然・文化に関して高度な関心を持つことも大切です。トップエデュのハイレベルな授業は、皆さんの学術的な関心を高め、付け焼刃でない真の実力を養います。

コース案内

大学受験コース

生徒一人ひとりの志望校や目標・目的に合わせてオリジナルプログラムを組み 最適な教材を用いて指導を進めるコースです。

○ 国立理系 国公立入試においては、センター試験での高得点はもちろんのこと、高度な2次試験に対応できる発想力、思考力、論証力、表現力が求められます。英語では要約問題が多く出題されており、文章の論理構成を把握する力が試されます。数学はほとんど記述式です。これは解答を導く過程が論理的であるかどうかが試されているのです。どのような考え方が正しいのか、自分の答案は正しい考え方に基づいているかどうかは、なかなか自分では判断できないことです。授業では、「理論に基づき論理を構成する力」を養い、どのような入試問題にも対応できる真の学力を育成します。

○ 国立文系 あらゆる学問の礎となる読解力、思考力、記述力の育成に重点を置き、幅広い知識と理解度を身につけ国立大学の突破を目指します。
最高レベルの総合学力を養成し、センター・2次試験突破に必要な高度な学力を徹底的に養成します。2次試験に備えての記述問題を中心に行いますが、記述問題は正解が決まってなく、間違え方も人それぞれです。だからこそ個別指導が絶大な効果を発揮いたします。

○ 私立理系 理系科目を徹底強化し理数系のスペシャリストを目指します。
理系分野を主題にした英文読解も行い、理系私立合格をより強固なものとします。
私立を突破するために必要な高水準の学力を徹底的に養成します。慶應義塾大学の科学系英語や早大理工・建築学科の「空間表現」の実技試験対策など各志望校に合わせての指導を行います。

○ 私立文系 文系科目における深い知識と理解を習得し、私立入試で求められる論理的な思考力及び速読・速解力の強化を図り、私大の突破を目指します。
難度の高い問題に対応できる高度な学力を徹底的に養成します。
慶應文学部の英語や論文、早稲田の国語、上智の英語にいたるまで志望校の特色に合わせて、徹底指導します。

内部進学コース

中高一貫校の内部進学テストは各校とも独自のカリキュラムに基づいた傾向があるのでその傾向に対応した対策が必要となります。
授業進度、難易度、出題傾向等をよく分析し生徒の弱点を把握したうえで本番に向けた適切な指導をします。

○ 内部進学対策 学校の授業の予習・復習をサポートするためのカリキュラムを生徒に合わせて作成します。受講科目、曜日、時間、単元、難易度など全てがオーダーメイドですので 生徒にとって最高のカリキュラムとなります。
定期テストの2~3週間前位からは、定期テストで高得点を取るための万全の対策をします。学校で使っている教科書、学校の授業のノートなどを元に、テスト範囲を徹底的に指導します。技術・家庭・保険体育・音楽など主要科目以外の教科にも対応します。
中高一貫校の内部進学テストは各校とも独自のカリキュラムに基づいた傾向があるのでその傾向に対応した対策が必要となります。授業進度、難易度、出題傾向等をよく分析し生徒の弱点を把握したうえで本番に向けた適切な指導をします。

○ A・O推薦入試対策 希望する大学・学部が求めている力とは? A・O推薦入試は大学によって求める「人間性」が千差万別です。まずはそれを知ることがA・O推薦入試突破の最初のステップです。AO対策においては論?対策、エントリーシートに時間が割かれて、筆記試験を後回しにしがちです。
AOの筆記試験は通常の?試とは異なった傾向です。
例えば、数学の問題文が英語であったり、英語で答える数学の筆記試験など、志望する学科の素養を確かめる試験となっております。
そのため、各大学・学部・学科の傾向を掴み、対策を事前に講じておく必要があるのです

カリキュラム概要

現状分析

模試、過去問結果等、客観的指標からの弱点単元チェック

体験授業にて講師が細かくチェック
生徒の目や鉛筆の動き・発言内容からの理解度・思考過程を分析
できない箇所を見つけるだけでなく、そうなってしまった“ 原因 ”まで分析

面談にて日々の学習や生徒目標などを細かくヒアリング
家庭学習、通塾曜日・時間などの学習スケジュール分析を行う

現状で強化すべき箇所をピンポイントで分析自分では気づかなかった弱点が浮き彫りに! ⇒ 「だからできなかったのか!」まさに目からウロコ!

カリキュラム作成

現状分析に基づき、“できない原因”を根こそぎ打破するオリジナルカリキュラムを作成
⇒ それと「先どり+ 授業 + 自学学習」の理想的学習サイクルの合わせ技で、パーフェクトカリキュラムが完成!
※無意味な復習時間を先取り時間に置換えるだけ!
※余裕のできた時間で得意単元を作ればこわいものナシ!

オリジナルカリキュラムに基づいた個別指導

問題文を読んで解答までの道筋を考え、手がかりを見つける
⇒ 講師が一方的に “手がかり” を教えるようなことはしない。
生徒が自分で手がかりを見つけることが重要!

生徒が導いた解答までの道筋を生徒自身が説明
⇒ 理解不足点や “わかったつもり ” を見逃さない!

道筋が正しいかどうかを講師がチェック。
違っていたら、 “なぜそれではいけないのか” を教わって、再度考察。
⇒ ここでも講師が一方的に道筋を教えるようなことはしない。
極力自分で考えるからこそ力が身につく。

正しい道筋が立てられた!
⇒ この時点で “わかった” と実感

道筋に基づいて式を立てる
⇒ “わかる”では終わらせない。“できる”まで行う!

式に基づいて計算し、解答する
⇒ “できる” までとことん

+【トップエデュでの自学学習】
授業を受けたあとのサポートも万全。授業の後、残って課題を行います。

…自習スペースを利用しての課題・宿題演習は講師が見守ってくれている環境だから安心して学習できる。
成績UP!合格!

合格体験記

早稲田大学 国際基督教大学
学習学院大学

体験記Fさん
大学受験を通じて学んだ事
様々な分野を広い視点で学べたことは今後にも役立つということと、勉強は積み重ねであるということを学びました。
大学受験において苦労した事
日本語の向上や日本の科目の勉強に慣れることでした。
トップエデュをどのように利用したか
学校のテスト対策や国語、歴史など幅広い分野を学びました。
トップエデュに通って良かったと思う点
学びたい科目を自由に選べて、更に進路についえ丁寧にご指導していただきました。
明治大学

体験記Yくん
トップエデュをどのように利用したか
家では勉強に集中できなかったので、「自習する場所」として利用していた。
トップエデュに通って良かったと思う点
「勉強嫌い」が消え去った点。
トップエデュの授業で特に印象に残っている子
大竹先生の「読めなくても」正解が出せるという英語・国語。
トップエデュのここが好き
家みたいに籠れるところ。
pagetop