トップエデュ練馬校のページです。

練馬校へのお問い合わせ

アクセス

富士見中学・高校
中高一貫定期テスト対策コース

富士見中・高の生徒さんへ!

富士見中学・高校のカリキュラムに合わせた対策を行います。
富士見中学の定期テスト・内部進学対策に強い個別指導塾です。

富士見中学・高校のカリキュラムや定期テスト、内部進学対策についてご案内します

富士見中学・高校に通うご家庭から「うちの子に合う塾がない」「富士見中学・高校のテスト対策や受験指導ができる塾がいない」というご相談をよく聞きます。
富士見中学・高校で、成績が伸びない生徒や学習方法が分からない生徒に向けた授業内容と対策方法をご案内します。

富士見中学・高校 定期テスト対策(科目別)

英語

教科書

富士見中学の英語の授業では、教科書は『NEW HORIZON』、問題集は『keyワーク』を使用しています。また、プリントを使用することもあります。
『keyワーク』は、元々学習塾の教材として作成されました問題集ですが、現在では多くの私立校で使用されています。特徴として、単語数や文法ページが多い教材です。
同じ問題を繰り返し解く事がこの問題集の特徴ですので、何度も解く必要があります。

授業

ノートをしっかり取りましょう。
富士見の英語の授業の進み方としては、先生によって板書は重要ポイントのみで、ほぼ口頭での解説で進みます。授業中にしっかりノートを取り、後から見て説明を思い出せるようにする必要があります。
富士見の英語では、定期テスト以外に単語の小テストも実施されます。
単語テストは25点満点で、合格ラインが決まっています。試験範囲は英単語用の教材ですが、試験範囲に前回の単語が含まれていくので、回数を重ねるほど勉強する量が増えていきます。
自分に合った暗記方法を見つけて、着実に点数が取れるように対策していきましょう。

定期テスト

丸暗記するのではなく、自分で文章を作れるようにしましょう。
富士見の英語の定期テストは範囲が広く、応用問題も出題されます。主に『keyワーク』から問題が出されますが、同じ文法問題でも単語などを変えて出題されます。
解答を丸暗記するのではなく、自分で文章を作るなどして、文法の意味をしっかり理解しておきましょう。

数学

教科書

富士見の数学は、教科書は『体系数学』を使用し、その他に教科書併用の問題集も使用します。
体系数学では、先取りで学習を進めていくので、授業進度はとても早いです。
また、公立校の教科書に比べると量が多く、学習指導要綱の範囲外の問題も多く含まれます。

理解できないままで進むと、そのままどんどんわからなくなってしまうので、理解できるまで学校の先生などに聞きましょう。

授業

富士見の数学の授業は、中2から習熟度別クラスで行われ、中3からは高校のカリキュラムに入ります。先取り学習のため、授業進度は早いです。
授業の内容を理解するために、習ったことはその日のうちに復習し、分からないところをなくしましょう。問題集で復習すると良いでしょう。

定期テスト

応用問題も出題されますが、定期テストの6~7割は基本問題です。
定期テストで平均点以上を取るためには、難問に時間をかけすぎず、基本問題を確実に得点することがポイントです。
まずは、基本問題をスピーディに解く事ができるように対策しましょう。時間を計りながら問題集の基本問題を繰り返し解き、スピードを身につけましょう。

なぜ抜群の合格実績が出るのか

その1 速習型のカリキュラム

中高一貫の私立高校に見られるようにトップエデュでは中学校での学習内容を早期に終了し、十分な受験対策期間をとっています。

小4から始める場合のカリキュラム

その2 個別指導ならではのMyプラン

毎週の学習状況と定着を絶えずチェックし、必要な学習の追加、計画の修正など個別指導だからできる「Myプラン」で成果を確かめながら進みます。

その3 目標ターゲットに絞り込んだプログラム

志望校の出題傾向を徹底的に分析した無駄のない学習プログラムで進行します。

その4 生徒自身が主体的に考える授業

応用力をつけるには、「教えられて、真似て覚える」受身の学習では限界があります。指導者とのコミュニケーションを通じて、常に自分の頭を動かし、自分はどう考えたのか、自分には何が不足していたのか、など主体的な学習を実践しています。

その5 ベテラン指導者による合格テクニックの伝授

最難関受験だから必要な秘伝の合格テクニックをタイムリーにわかりやすく指導できるのはベテラン指導者だからです。

対応校一覧

対応校一覧

中高一貫定期テスト対策コース

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問合せ

pagetop