トップエデュ練馬校のページです。

練馬校へのお問い合わせ

アクセス

明大中野中学・高校
中高一貫定期テスト対策コース

明大中野中学・高校の生徒さんへ!

大附属中野のカリキュラムに合わせた対策ができます。
明大附属中野の定期テスト・内部進学対策に強い個別指導塾です

明治大学付属中野中・高のカリキュラムや定期テスト、内部進学対策についてご案内します

明治大学付属中野中・高に通うご家庭から「うちの子に合う塾がない」「明治大学付属中野中・高のテスト対策や受験指導ができる塾がいない」というご相談をよく聞きます。
明治大学付属中野中・高で、成績が伸びない生徒や学習方法が分からない生徒に向けた授業内容と対策方法をご案内します。

明大中野中学・高校 定期テスト対策(科目別)

数学

教科書

明大中野中学の数学では、『新しい数学(東京書籍)』『新中学問題集』を使用しています。そして、高3の理系数学では、東京書籍の教科書と、ニュークオリティという教科書を使用しています。また、文系数学では、『駿台短期攻略センター』を使用しています。文系志望の高3も数学の授業は必修です。テキストは『駿台 短期攻略センター数Ⅰ・A』(実践編、基礎編)を使用しています。
『新中学問題集』は、標準編・発展編・演習編の3冊で構成されています。別冊解答がついており、解説がついているのは、難しい問題が中心です。
そのため、基礎から標準の問題で間違えた場合、「なぜそういう答えになるのか」など理屈が分からない場合が多いです。

授業

明大中野中では、中2から、数量と図形に分けて授業が行われます。中3では、中1・2で学習した内容の総合演習を行います。
高1からは、授業内にパソコンを取り入れ、応用力を育てています。学校側からのフォローはほとんどありません。そのため、出来ない所や理解不足のところは、自分で解決する必要があります。

明大中野高校・数学 学習ポイント

明大中野では、文系志望の高3でも、数学が必修です。定期テストではセンター試験レベルの数Ⅰ・数Aの範囲が出題されます。 中間テストがない場合もありますが、数学は積み重ねの学問ですから、分からないところが溜まっていくと授業についていけなくなってしまいます。日々、復習を欠かさないようにしましょう。

定期テスト

テストは演習を繰り返して、すぐに解けるようにしましょう。
中学の数学Iのテストは、テスト前に配られるプリントから50%、残りは新中学問題集から50%出題されます。
答えがあっているだけでは丸をもらえず、解法を解答欄に書かなくてはいけない問題が出題されます。
量はあまり多くありませんが、考え込んでいると時間が足りなくなります。
教科書と問題集を使って、何度も演習しましょう。
数学IIに関しては、プリントはなく、授業の内容と新中学問題集の内容から出題されます。
数学I、IIともに授業の内容や問題集・プリントをしっかりやれば、平均点は取れるようになっています。
高校の文系数学では中学と違い、解法など細かいところまで問われません。

英語

教科書

明大中野中の授業は、教科書を『NEW TREASURE』、その他教材として、『シリウス』(英語1メイン)『文法問題集』(英語2メイン)を使用しています。
提出物としては、文法問題集の提出があります。
また、小テストの出題内容は『単語テスト』『活用の確認テスト』がありますが、どちらも不定期に行われます。
内申点の基準は、定期テスト90%、小テスト+提出物等の平常点10%になっています。

授業

明大中野中の英語は、中1・中2は、クラスを2分割して少人数制の授業、中3からは習熟度別クラスでの授業となります。 授業の内容はハイレベルで、進度が速いのが特徴です。一度遅れてしまうと取り戻すのが難しいので、毎回の授業で分からないところを残さないようにしましょう。習ったその日のうちに、プリントや問題集などで復習する事が大切です。
また、単語の小テストが頻繁に行われます。覚えなければならない単語数が多いため、苦労するお子さんも少なくありません。早めに暗記の習慣を身につけましょう。
小テストでは追試があり、その後、指名講習があります。さらに英語では、中2・3でGTECを受験するなど、学習の成果を図る機会が頻繁に設けられています。

定期テスト

明大中野中の定期テストは、年5回実施されます。試験時間は60分です。
英語1はニュートレジャー中心で、リスニングも授業でやっている文章や会話から出題されています。
ニュートレジャーのキーポイントから20%出題、リスニングで20%、文法や単語の問題から30%、教科書等の文章から30%出題されています。
基本的に教科書、問題集をしっかりこなしていけば、平均点以上取れるテスト内容です。"

国語

授業

明大中野中の国語は、中1から、「国語①」と「国語②」で分かれています。「国語①」では、主に長文読解、「国語②」では、文法事項を学びます。
高校では、古典の授業が3年間週2時間以上あります。古典の授業では、全員で音読をして、本文の意味に入ります。文章の現代語訳だけでなく、時代背景や登場人物の概要説明が行われます。テストに大きくかかわってくるので、しっかりノートを取りましょう。

国語では定期的に確認テストを行います。このテストも、定期テストと同様に成績に関わるので、高得点が取れるようにしっかり対策することが大切です。

定期テスト

明大中野中の国語の定期テストは、量はあまり多くありませんが、中学の「国語①」では特に、記述問題が多い傾向があります。
また、高3では「国語演習」というテストがあり、現代文、古文、漢文がまんべんなく出題されています。
漢字・文法はどちらも大切な得点源になります。これらは勉強すれば得点できるものなので、何度も演習を重ねて得点できるようにしましょう。

なぜ抜群の合格実績が出るのか

その1 速習型のカリキュラム

中高一貫の私立高校に見られるようにトップエデュでは中学校での学習内容を早期に終了し、十分な受験対策期間をとっています。

小4から始める場合のカリキュラム

その2 個別指導ならではのMyプラン

毎週の学習状況と定着を絶えずチェックし、必要な学習の追加、計画の修正など個別指導だからできる「Myプラン」で成果を確かめながら進みます。

その3 目標ターゲットに絞り込んだプログラム

志望校の出題傾向を徹底的に分析した無駄のない学習プログラムで進行します。

その4 生徒自身が主体的に考える授業

応用力をつけるには、「教えられて、真似て覚える」受身の学習では限界があります。指導者とのコミュニケーションを通じて、常に自分の頭を動かし、自分はどう考えたのか、自分には何が不足していたのか、など主体的な学習を実践しています。

その5 ベテラン指導者による合格テクニックの伝授

最難関受験だから必要な秘伝の合格テクニックをタイムリーにわかりやすく指導できるのはベテラン指導者だからです。

対応校一覧

中高一貫定期テスト対策コース

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問合せ

pagetop