トップエデュ練馬校のページです。

練馬校へのお問い合わせ

アクセス

小学生のための最難関中学校合格コース
練馬校

学芸大付属中に強い個別指導塾です。
偏差値が届いていなくても学芸大付属中に合格させます!

学芸大付属中 教科別 入試問題の出題傾向と対策

トップエデュでは、偏差値が足りなくても学芸大付属中に合格させる志望校対策があります。学芸大付属中入試問題の対策内容をご案内致します。

学芸大学付属中学-算数の入試傾向と合格対策-

学芸大世田谷中学校の算数は試験時間40分大問約5題の出題形式です。小問集合はなく各設問で「グラフ」「図」「規則性」「割合と比」などの単元が出題されます。

学芸大学付属中学算数の対策すべき内容

問題自体は基礎的な問題から発展問題まで幅広く出題され、基礎的な内容を用いて自分で解答を導けるかを重要視しています。
発展問題に気を取られて基本を疎かにしないようにしましょう。
グラフや図の読み取り問題も出題されます。過去問題や演習問題を用いて、読み取り問題への抵抗をなくしておくことが大切です。

学芸大学付属中学-国語の入試傾向と合格対策-

学芸大世田谷中学校の国語は試験時間40分大問3題の出題形式です。大問は漢字、説明文、物語文から構成されています。

学芸大学付属中学国語の対策すべき内容

文章量はあまり多くなく、設問は典型的な選択問題や記述問題が多いです。小さなミスが大きな痛手となります。「序盤の漢字の問題で取りこぼす」といったことのないよう、日頃から漢字の練習をしておきましょう。
本文の内容と関連した内容を150字程度で記述させる問題も出されます。設問の意図を理解し、本文と関連させながら自分の言葉を用いて正しく伝える文章力が求められます。過去問題を用いて添削学習を行い、文章力を磨くことが必要です。

学芸大学付属中学-理科の入試傾向と合格対策-

学芸大世田谷中学校の理科は試験時間40分大問4題の出題形式です。物理・化学・生物・地学の4分野から出題されます。

学芸大学付属中学理科の対策すべき内容

学芸大世田谷中学校の理科は実験に関する問題が多く出題されます。実験の手順に関する問題、実験結果の数値を読み取る問題、実験器具の絵を書き込む問題など、 実験に関する事柄が様々な切り口から出題されます。
実験問題の対策は学校で行う理科の実験を復習することです。実験手順やその結果を知識として理解するだけでなく、実際に手を動かして五感で学びとる学習を積み重ねることができます。
実験に関する問題は学芸大世田谷中学校に限らず他の国立中学校の入試でも頻出します。

学芸大学付属中学-社会の入試傾向と合格対策-

学芸大世田谷中学校の社会は試験時間40分大問数は年によって変化します。地理・歴史の比重が多く、公民も出題されます。

学芸大学付属中学社会の対策すべき内容

社会科の事象を知識として暗記するだけでなく、地図帳や資料集といった実際のデータにあたり、「なぜそうなったのか?」と自分の頭で考える学習を重ねることが効果的です。

学芸大世田谷中学校は、入学後のカリキュラムも「実際のデータにあたり、自分の頭で考え、突き詰めること」を重視した学習が多い傾向にあります。

グラフや図表といったデータを用いた学習を行う必要があります。入試対策の中で「本物に触れる」経験をし、入学後に生きる思考力・分析力を身に着ける必要があります。

なぜ抜群の合格実績が出るのか

その1 速習型のカリキュラム

中高一貫の私立高校に見られるようにトップエデュでは中学校での学習内容を早期に終了し、十分な受験対策期間をとっています。

小4から始める場合のカリキュラム

その2 個別指導ならではのMyプラン

毎週の学習状況と定着を絶えずチェックし、必要な学習の追加、計画の修正など個別指導だからできる「Myプラン」で成果を確かめながら進みます。

その3 目標ターゲットに絞り込んだプログラム

志望校の出題傾向を徹底的に分析した無駄のない学習プログラムで進行します。

その4 生徒自身が主体的に考える授業

応用力をつけるには、「教えられて、真似て覚える」受身の学習では限界があります。指導者とのコミュニケーションを通じて、常に自分の頭を動かし、自分はどう考えたのか、自分には何が不足していたのか、など主体的な学習を実践しています。

その5 ベテラン指導者による合格テクニックの伝授

最難関受験だから必要な秘伝の合格テクニックをタイムリーにわかりやすく指導できるのはベテラン指導者だからです。

コース別 対応校一覧

中学受験オリジナルコース

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問合せ

pagetop