トップエデュ練馬校のページです。

練馬校へのお問い合わせ

アクセス

小学生のための最難関中学校合格コース
練馬校

開成中に強い個別指導塾です。
偏差値が届いていなくても開成中に合格させます!

開成中 教科別 入試問題の出題傾向と対策

トップエデュでは、偏差値が足りなくても開成中に合格させる志望校対策があります。開成中入試問題の対策内容をご案内致します。

開成中学校-算数の入試傾向と合格対策-

高い「思考力」「作業力」を必要とする

開成の問題は近年、難易度が易化している。試験時間も足りている。高得点をとる必要があるため、ミスはできない。
開成の算数は「緻密な作業力」と「問題の条件を正確に読み取る力」が問われている。
問題を一目見ただけでは理解できなくても、条件を読み解きながら書き出していくことでゴールが見えてくるような問題が多く出題されます。高度な「思考力」「作業力」が求められる試験です。

昔と比べると出題傾向が大幅に変化

開成の算数と言えば、かつては難度の高い問題が細かい文字でびっしりと詰め込まれている、という試験でした。
近年は「速さ」「立体図形」などが多く出題されている。

「誘導が親切な問題」が目立つのがここ数年の特徴

出題形式は毎年変化する。臨機応変な対応が必要
開成の算数は毎年出題構成に変化しており、臨機応変に対応できることが求められる。
難易度に関しても、例年より突然易しくなる年もあります。安定した傾向がない分、高い学力が求められます。

開成中算数の対策すべき内容

開成中の入試傾向を踏まえ、開成中の算数で合格点を取るためにはどのような勉強がよいかお知らせします。

問題の難易度の見極め時間配分、問題の取捨選択が大事です。

開成の算数は年ごとに出題形式が変わります。従って、しっかりとした予想問題は想定できません。試験中はまず最初にに問題全体を確認し、各問題の難易度を判断し、適切な時間配分(見直しの時間も含む)を考える必要があります。特に無理に手をつけてはいけない問題や見た目が難しそうでも条件を読み取ればやさしい問題が混在しています。この判断力を養う必要があり、判断を誤ると合否に大きく影響します。

「平面・立体図形」など、頻出分野は傾向を踏まえて徹底対策を

頻出分野を集中的・徹底的に対策することはとても大切です。頻出分野の出題の特徴を理解した上で、効果的な対策を行う必要があります。
学力に応じて適切な問題を生徒に与えることで頻出分野の適切な解き方や判断力が養われます。
試験本番での点数につながる勉強だけに専念することが重要です。

作業問題は手を動かして書きだすことが大事

開成の算数は問題の条件を把握し、緻密に書きだす作業が必要な問題があります。いわゆる「めんどくさい問題」です。
対策方法は、手を動かして条件に沿って書きだしていくことです。中学入試の算数は、頭ではなく手で考えることができるかどうかです。
大学入試と異なり論理的な解き方より問題を正確に理解し、丁寧に整理していくことができるかどうかが重要です。「書き出していくうちに規則を見つけて式を立てていく」、「条件に当てはめて式を立て、おおよその見当をつけていく」という思考の手順を身につけることが重要です。

解かずおくか、部分点を稼ぐかの判断

「規則性・場合の数」、「数の性質」などの分野は、問題が難しく完答することが難しい場合があります。試験時間内に解くべき問題なのか、部分点を狙いに行くのかの臨機応変に判断することが大事です。ほとんどの場合、部分点を取りに行く場合が多いので、どうすれば部分点を稼げるのかを理解し、部分点をもらえる解答をつくる練習を積んでいくことが必要になります。

部分点を取れる解答をつくれるように

開成の算数の解答用紙は「考え方」を書かせる解答欄のスペース大きくあります。この考え方に合った解答、途中式を埋めるような「解答力」が必要です。解答力を高めるには、開成の専門家による添削指導は不可欠と言えます。
開成の算数を突破するには、現場での判断力、臨機応変な対応力、部分点を取れる解答力・表現力、論理的思考力、緻密な作業力、頻出分野の典型題の徹底的な対策が必要です。

開成中学校-国語の入試傾向と合格対策-

開成は、国語が合否を大きく左右する

算数・理科が易化傾向で、国語の対策が必要となる。
開成の国語は開成の国語は高いな処理力を求められる。設問に従って解答の根拠を把握し、論理的に読解する能力が必要である。
開成の国語の問題文の題材は、出版後経過した作品からの出典が多い。

記述は増加している、大問2問構成が最近の主流

「論説文と随筆文・物語文」が主流にである。

開成中国語の対策すべき内容

開成中の入試傾向を踏まえ、開成中の国語で合格点を取るためにはどのような勉強がよいかお知らせします。

3タイプの記述問題に対応できるように

開成の国語は、記述対策が合否に大きな影響を与えます。やみくもに記述の練習をするのは得策ではありません。開成の入試傾向を踏まえた上で、効果的な記述対策をする必要があります。
開成の記述の形式は、文中の言葉を使ってまとめる、自分の言葉で言いかえる、自分の意見を述べる、という3種類です。まず、「自分の言葉で」などの設問の指示を見落とさない事、この3タイプの記述はどれでも書けるようにしておく事が大切です。
近年、文字数が指定される問題が減少し、「わかりやすく説明しなさい」という問題が増加しています。採点者を意識した解答をつくる事を心がけましょう。

記述問題は、問われる内容もパターンが決まっている

開成の国語は、設問で問われる内容もパターンが決まっています。具体的には、要旨説明、情景描写の意味を問う問題、意見作文、主題説明、のどれかです。このパターンを踏まえた上で記述対策に取り組む事が必要がです。
また、感性(純粋な国語力)よりも情報処理能力を重視されています。

その他の設問内容もパターンは一定

それ以外の設問も、問われる内容はほぼ決まっています。傍線部の意味や理由説明を求める問題、心情説明がほとんどです。その他には、題名や象徴的なものの意味を問う問、段落の要、心情変化を説明させるような問題が多いです。
国語の場合、学校ごとに明確な出題傾向や意図があるので、開成なら開成の出題パターンに即した志望校対策をする事が重要です。

似たような題材の入試問題で演習を積む事

先ほどもお伝えした通り、開成の国語で取り扱われる題材はほとんど決まっています。
物語文であれば、師弟、親子などの愛情をテーマにした作品が多いです。随筆文は、戦争や人権を取り扱った作品、論説文は、哲学的な文章が扱われることが多いです。現代社会の動きを反映して、自分自身の生き方を考えさせる、というような作品です。ジャンルごとに題材の傾向は決まっているので、似たような題材を取り扱う学校の過去問を利用して演習を積み重ねる必要があるでしょう。

物語文は小学生には身近でない題材が多く、量も多い

開成の物語文は、小学生にとっては身近ではない作品が多く、文章量も多いので読解に苦労します。場面ごとに時間・場所・できごと・登場人物の変化に注目して内容を整理していく事、そして、登場人物の心情変化・作品中で起きる事件の内容と結末などの重要な部分をつかむことが重要です。
読解する際には、人物関係、登場人物の境遇、人物の特徴・性格、時代設定、過去のできごと、などに注意を払いながら読めると、大きく外す事はないはずです。

随筆文は「回想シーン」に注意

開成中の入試問題において論説文と交互に出題されるジャンルが、随筆文です。
随筆文では、筆者の考えや心情を理解する事がポイントですが、開成中の随筆文は、戦争や人権を背景にした作品が出題されることが多く、小学生には理解はかなり困難です。
他の受験生と差をつけるために、戦争や人権問題に関する背景知識を身につけるのも1つです。また、混乱せずに文章を読みこなすには、回想シーンに注目する事もポイントです。小学生の場合、現在なのか過去なのか混乱してしまう事が多いからです。

開成中学校-理科の入試傾向と合格対策-

理科で差をつけるのは難しい

開成の入試において、算数・理科の難度が高く、合否に大きく影響していた時代は過去となりました。現在の開成の理科は、受験者のレベルに対して、問題の難度がかなり低く、差がつきづらい試験となっています。

オーソドックスな設問形式、くせのない問題文

開成の理科は、問題文は読み取りやすく、設問も選択問題、記述、作図など、オーソドックスなものが並ぶため、答え方に悩むことはないでしょう。合格者の平均得点率は8割以上とかなり高めです。試験時間は40分ですが、よほど大きく時間配分を間違えなければ時間切れにはならないでしょう。

差がつく問題は1~2問程度

開成の理科は、ほとんどが易しい問題、基本問題ばかりですが、1~2問、やや難度の高い問題も出題されます。読解問題、実験問題、グラフの考察問題などにおいて、難度が高いケースが多く見受けられます。

開成中理科の対策すべき内容

開成中の入試傾向を踏まえ、開成中の理科で合格点を取るためにはどのような勉強がよいかお知らせします。

出題形式のパターンを踏まえた、効果的な対策をする事

開成の理科の対策としては、4分野まんべんなくと言われる場合もありますが、分野ごと出題頻度の高い内容はパターンは決まっています。また設問も、出題形式ごとに何が問われるかはパターンが決まっていますので、開成の理科で出やすい内容、問われることが多い設問内容を集中的に対策する事が必要です。

記述問題の対策

開成の理科の記述問題はパターンが決まっていて、理由を答える・実験の考察をする・知識を問う問題、この3パターンがほとんどです。それぞれ答え方はパターンが決まっているので、事前に準備しておけば対応できます。問題文を正確に読む事が出来れば解答できます。

作図問題の対策

作図問題では、グラフを描かせる・運動の様子を描かせる・昆虫や植物の図を描かせる、この3パターンがほとんどです。グラフと運動の様子は標準レベルですが、昆虫や植物の図はやや細かい知識も必要になるので、不安のある方は練習しておきましょう。

選択問題の対策

開成の理科の選択問題の特徴は、選択肢が多い事です。それほど難解ではない問題を、選択肢を多くすることでミスや勘違いを誘うようなタイプの問題です。

計算問題の対策

計算問題は、開成では、化学計算・力学計算どちらも出ます。化学計算は、溶解度の計算が頻出です。基本的な問題が多いです。
ただし、グラフの考察を絡める計算問題は難度が高いので注意が必要です。

生物分野の頻出事項と対策

生物分野では、昆虫と植物が頻出です。昆虫の種類、口の形などの知識から、昆虫の生態に関する問題もよく出題されます。植物は、花と実に関する知識が細かく問われます。光合成と呼吸などについての問題も多いです。

化学分野の頻出事項と対策

化学分野は、水溶液の性質、溶解度が頻出です。特に毎年頻出なのは、水溶液の性質や金属に関する知識問題です。ここは必ず覚えておく必要があります。実験器具の扱い方なども頻出です。

物理分野の頻出事項と対策

物理分野は、てこ、ばね、浮力、電流、光など、バランスよく出題されています。最も出題頻度が高いのは力学です。簡単ではないですが、問題集で一度は見たことがあるような問題がほとんどです。

地学分野の頻出事項と対策

地学分野では、前の年に起きた時事的な話題を絡めた問題が定番です。気象の観察問題、太陽の高度、気温、降水量のグラフ問題なども頻出です。

思考力が必要な問題の対策

開成の理科でも一部、思考力を必要とする問題(読解問題、実験観察問題)も出題されます。初めて見る問題を読んで、考える問題ですが、開成の場合、問題文は短く、内容も難解なものは出題されません。開成の過去問演習で十分ですが、不安がある場合は、似ている問題が出題される学校の過去問を利用して対策しても良いでしょう。

開成中学校-社会の入試傾向と合格対策-

社会は基本事項中心で、高得点勝負になりがちですので、大きく差をつけることは難しいでしょう。裏を返すと、社会での大きな取りこぼしは致命的になるので、注意が必要。

大問2~3題、解答箇所が50~70問

分野をまたいだ融合問題が多く出されます。歴史・地理の出題割合が多く、時事問題も出題されている。

資料の読み取り問題が頻出

開成の問題文はあまり長くない。500~700字程度のものが多く、長めの場合でも1500字程度である。資料の読み取り問題は毎年出題されている。
制限時間は40分50~70問で時間は短い。

開成中社会の対策すべき内容

開成中の入試傾向を踏まえ、開成中の社会で合格点を取るためにはどのような勉強がよいかお知らせします。

知識量が問われる

開成の社会は、ひとことでいうと、知識量が問われる試験です。分野を超えた融合問題も出題されるので、単なる知識の丸暗記ではなく、歴史、地理、政治、経済、時事問題、それらを関連づけて学習することがポイントです。

資料の読み取り問題は、手際良く解ける事

資料の読み取り問題(史料、地図、図表、グラフなど)は毎年出題されます。それほど難しい問題は出ないので、構える必要はないですが、時間的に余裕はないので、それぞれの問題を手際よく解けることを意識して対策するようにしてください。

定番のご当地問題はぬかりなく準備を

開成の社会の特色として、開成中の周辺や東京を素材にした「ご当地問題」の出題があります。学校の教科書や参考書には載っていない内容なので、過去問を参考に、開成中周辺や東京の地理・歴史について知識をつけておくことが必要です。

なぜ抜群の合格実績が出るのか

その1 速習型のカリキュラム

中高一貫の私立高校に見られるようにトップエデュでは中学校での学習内容を早期に終了し、十分な受験対策期間をとっています。

小4から始める場合のカリキュラム

その2 個別指導ならではのMyプラン

毎週の学習状況と定着を絶えずチェックし、必要な学習の追加、計画の修正など個別指導だからできる「Myプラン」で成果を確かめながら進みます。

その3 目標ターゲットに絞り込んだプログラム

志望校の出題傾向を徹底的に分析した無駄のない学習プログラムで進行します。

その4 生徒自身が主体的に考える授業

応用力をつけるには、「教えられて、真似て覚える」受身の学習では限界があります。指導者とのコミュニケーションを通じて、常に自分の頭を動かし、自分はどう考えたのか、自分には何が不足していたのか、など主体的な学習を実践しています。

その5 ベテラン指導者による合格テクニックの伝授

最難関受験だから必要な秘伝の合格テクニックをタイムリーにわかりやすく指導できるのはベテラン指導者だからです。

コース別 対応校一覧

中学受験オリジナルコース

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問合せ

pagetop