トップエデュ練馬校のページです。

練馬校へのお問い合わせ

アクセス

小学生のための最難関中学校合格コース
練馬校

筑波大付属中に強い個別指導塾です。
偏差値が届いていなくても筑波大付属中に合格させます!

筑波大付属中 教科別 入試問題の出題傾向と対策

トップエデュでは、偏差値が足りなくても筑波大付属中に合格させる志望校対策があります。筑波大付属中入試問題の対策内容をご案内致します。

筑波大付属中学校-算数の入試傾向と合格対策-

筑波大附属中の算数は、試験時間が社会と合わせて50分で、試験時間が短いので時間配分に注意が必要です。また、大問10題の構成となっており、まんべんなくあらゆる分野から出題されます。
内容は思考力を問い意欲的な問題が多いです。難問奇問もありませんが典型題の基本問題もあまりみられません。

筑波大付属中学算数の対策すべき内容

筑波大附属中の算数で対策が必要な範囲として、図形問題とパズル問題があります。図形問題は点の移動や立体図形の求積など、空間把握を求める応用問題が出題されます。そのため、一度図形を作図して、空間把握能力を上げる必要があります。パズル問題は、これまで勉強してきた事よりも、本番一発のひらめきを試すものになっています。そのため、柔軟性を問うものですので、お子様によって解答時間が変わってきます。どれぐらい時間をかけるのかを事前に決めておくとよいでしょう。また、回答が思い浮かばなくても焦らないことが非常に重要です。焦らずにじっくりと考えることが、答えを導く一番の近道です。

筑波大付属中学校-国語の入試傾向と合格対策-

筑波大附属中の国語は試験時間が理科と合わせて50分で試験時間が短いので時間配分には注意が必要です。放送による聞き取り問題で1題、説明文1題、物語文1題の計3題の構成になっています。設問内容は読解、語句の穴埋め、段落区分、論旨など物語文では心情の把握、適語補充など国語の総合力が問われます。

筑波大付属中学国語の対策すべき内容

基礎問題中心の出題となっていますので、確実に点数を稼ぐ事が最も大事です。 放送による聞き取り問題は、資料から読み取れることについて、放送に答える問題です。事前に資料を読み込み、いかに自分の中でその資料を整理できるかがカギになります。問題自体は易しいですが論説文は、文脈力と論理的思考力を問う問題が出されます。日頃から要約など文章の論旨をつかむ練習を行うといいでしょう。物語文は、心情を問う問題が多く出題されます。比喩表現から心情を把握する場合は前後の内容や登場人物の発言などから心情を理解する必要があります。

筑波大付属中学校-理科の入試傾向と合格対策-

筑波大付属中学校の理科は試験時間が国語と合わせて50分です。内容は難しいものはなく、標準的な問題が多いです。設問は実験・観察・観測など計算問題も多いです。選択肢が多く、似ている問題もあるため気を付ける必要があります。

筑波大付属中学理科の対策すべき内容

大問は6題の構成で、化学・生物・物理・地学の全ての範囲から出されます。「生物と環境」「物質とエネルギー」の出題頻度が多いです。「生物と環境」では、植物について、実験や観察を題材に頻繁に出題されます。資料集の実験や観察の図などを対策するとよいでしょう。実験で使う道具まで押さえておきましょう。「物質とエネルギー」では、気体・水溶液が最も出題されます。実験や観察を題材に出題されます。特に水溶液に関しては、実験結果から分かることまで踏み込んで問われるため、実験結果から何が分かるのかまで押さえましょう。

筑波大付属中学校-社会の入試傾向と合格対策-

筑波大附属中学校の社会は試験時間が算数と合わせて50分と試験時間が短いです。大問6題前後の構成で、地理・歴史・公民の全てからまんべんなく出題されます。

筑波大付属中学社会の対策すべき内容

資料読み取り問題中心の構成となっておりますので、演習を繰り返して慣れましょう。
地理は地図やデータと絡めた問題が出されます。資料集で場所やデータを確認したほうがよいでしょう。歴史は家系図を使った問題が出題されます。家系図は時代の流れをつかんでいない解けません。問題の中にヒントがあるのでそれをもとに解く必要があります。公民は統計データと絡めた問題が出されます。資料に答えの根拠となる部分が載っていますので、資料の中から導き出すかが大事です。

なぜ抜群の合格実績が出るのか

その1 速習型のカリキュラム

中高一貫の私立高校に見られるようにトップエデュでは中学校での学習内容を早期に終了し、十分な受験対策期間をとっています。

小4から始める場合のカリキュラム

その2 個別指導ならではのMyプラン

毎週の学習状況と定着を絶えずチェックし、必要な学習の追加、計画の修正など個別指導だからできる「Myプラン」で成果を確かめながら進みます。

その3 目標ターゲットに絞り込んだプログラム

志望校の出題傾向を徹底的に分析した無駄のない学習プログラムで進行します。

その4 生徒自身が主体的に考える授業

応用力をつけるには、「教えられて、真似て覚える」受身の学習では限界があります。指導者とのコミュニケーションを通じて、常に自分の頭を動かし、自分はどう考えたのか、自分には何が不足していたのか、など主体的な学習を実践しています。

その5 ベテラン指導者による合格テクニックの伝授

最難関受験だから必要な秘伝の合格テクニックをタイムリーにわかりやすく指導できるのはベテラン指導者だからです。

コース別 対応校一覧

中学受験オリジナルコース

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問合せ

pagetop